利用方法と目的

探偵

GPS機能を利用するためには、発信機が必要です。発信機で、GPS衛星からの電波を受信して位置情報を確認したり、追跡したりします。衛星からの電波で受信したデータを元にして、位置を計算して表示させるのです。位置表示は、パソコンやスマートフォン、携帯電話で地図上に行うことが多いです。それによって、ルート表示機能とあわせて、目的地までの正しい行き方を示すアプリなどが、よく使われています。GPS発信機のサイズは様々あるようで、小型化も進んでいます。GPS衛星というのは、そもそも、アメリカの国防省が管理しているものなのですが、ここ10数年で、個人の使用が急速に広まってきました。そして、これがあるおかげで、私たちの生活はより効率的に、無駄がなくなって飛躍的に便利になったといえるでしょう。

このGPSの使い方ですが、位置情報の確認目的であればナビゲーションシステムのみならず、子どもや高齢者の位置確認という使い方に応用できます。普段ずっと一緒にいるわけにもいかない子どもや高齢者の見守り機能としても、高い効果をあげています。そして、追跡目的であれば、誘拐などの犯罪が起こったときに警察が足取り調査に使ったり、個人の場合は、業務上の社員の行動追跡や、恋人や夫の浮気追跡に使ったりという人もいるそうです。配偶者の浮気調査のために、GPSを使っている人は社員の行動調査なんかに比べて圧倒的に多く、探偵ごっこのようなことを個人が簡単にできる時代になったといえるのです。